オンラインTRPG/PBCサイト 魔獣戦線〜Knights of Round Table〜
 【世界設定】>魔獣戦線の世界 15/03/06
 魔  獣  戦  線 の 世 界 
舞台は現代日本 ! 現代異能バトルは面白い! 
 魔獣との戦いは、現代日本で繰り広げられています。
 もちろんフィクションな現代日本ですが、他のゲームと比較しても、リアル度がかなり高くなっています。
それはなぜか?
 魔獣戦線の世界は、リアル世界と同じように時間が流れているだけではなく、リアルで起きた出来事もすべて反映されるからです。
つまり魔獣世界の世界でも
 
 2011年3月11日に東日本大震災が発生し、2014年7月26日には長崎県佐世保市で痛ましい殺人事件が発生しています。
 
 そんな表面上はプレイヤーと同じ日常の中でPCも生きているのです。 


1.表・裏・闇の世界
2.魔術と超科学
3.魔獣〜世界で最強で最凶、最狂、の存在 〜
4.円卓の騎士〜最強の能力者たち〜
 一見、私達が住むリアルな世界と全く変わらない現代文明社会
 しかし、 魔術や闇のもの(モンスター)などは秘匿されており、一般人が知らない闇の中で戦いが繰り広げられるという世界観&イメージが現代異能バトルです。
 ジャンルの参考として、下記に現代異能バトルの作品へのリンクを貼ってあります。どれも現代異能バトルな作品であり、面白い作品です! 

 [許可済]

1.表・裏・闇の世界
  魔獣戦線の世界では、ごく普通の人々の営みを「表の世界」と呼び、犯罪組織や秘密組織の活動を「裏の世界」、異能などオカルトに関係するものの生活については「闇の世界」と区分けしています。
 
表の世界  
  [申請中]  私達が普段知る日常の世界
 表の世界で起きることは、多少名称が異なる場合もありますが、ほぼ現実と同じです。つまり、ニュースサイトをみれば、今、表の世界で何が起きているのかがわかります。
 この世界を生きる多くの人々はこの世界しか知りません
 闇の世界のことは噂や都市伝説の類だと思っているのでしょう。
 裏の世界は下手を打って逮捕されたりする浅いレベルしかしりません。
 深く知ってしまえば裏や闇の世界に引きずり込まれてしまうのですから
 
裏の世界  
[申請中]  犯罪組織、犯罪者、諜報員など非合法組織等、表の世界からは秘匿、隠匿された世界です。
 逮捕や報道という形で表の世界のものが裏の世界を垣間見ることがありますが、それはごくごく表層であり、 その実態は裏に深く関わらねば知ることはできません。
 表の世界の人間に対して裏の世界について話す事はありません。
 普通に違法行為であり、かつ真実が明るみになると困るものが多いので、話すことが自分の不利益(逮捕や暗殺対象)になることが多いからです。
 闇の世界に関しては、組織によって認知度はことなりますが、闇の世界の力は彼らにとって、非常に魅力的に見えるでしょう
闇の世界  
  [申請中]  異能や人外の存在”闇のもの”などが跋扈する世界。
 過去の文明の遺産”オーパーツ”や、公表されていない”オーバーテクノロジー”に関するもここに分類されます。
 明確に決まっているわけではないのですが、闇の掟と呼ばれる暗黙のルールがあり、異能などを表の世界で振るうことは禁止されています。
 裏の世界はケースバイケースです。
 闇と裏は親和性が高く、非合法な活動には、闇の世界の住人が振るう異能などは重宝されますが、闇の世界の人間だって幸せに暮らすなら、表の世界だけでいいのですから。
 そのため異能を隠し、闇の世界にも極力参加せず、ほぼ表の世界だけで生きていくものも少なからずいます。
 
 
闇の掟  闇の世界の住民 日本の闇の世界
 文字通り人外魔境な闇の世界ですが、この世界の住人たちにも、生きるためにそれなりの不文律があります。
 これを闇の掟と呼びます。
 不文律をどれだけ守るかは、それぞれの判断ですが、闇の掟を破れば、敵からだけではなく、味方である存在からも襲われる可能性があります。

【闇の掟】
 公衆の面前で魔術を使用しない。
 派手な破壊方法、殺人は行わない
 表世界に多大な影響を与える行為はおこなわない

 
 また闇の掟ではないですが、死者蘇生の術も禁忌とされています。
能力者
・ある特殊な術をもつものの総称
・普通の人が取得する技能でも、高水準で持っている場合、能力者と呼ばれる場合がある。

術者
・昔から術を伝えてきた家柄にうまれ、術を行使するもの

退魔士
・個人営業、あるいは数代限り闇の者を狩ることによって生計をたてているもの

闇のもの
・吸血鬼、狼男などの怪物や悪魔、天使などの総称
・あまり人間とは友好的な関係ではない存在も多いが、魔獣に関しては仕方なく手を組んでいる。

 日本は、魔獣が封印され、やがて復活されることが予言された国です。
 来るべきの時のために技術を研鑽した結果、術者や退魔師の実力が、他の国よりも群を抜いています。
 そして、逆にそれに対抗するべく、闇のものも力をつけています。
 つまり、他国と比べ、日本の能力者、闇のものの実力は群を抜いており、それゆえに円卓の騎士に選ばれるものも、日本人が多いようです。

【日本の闇の頂点】
 術者の家系は多く存在していますが、その中で最大の勢力と言われているのは陰陽師の大家である坂御門一族です。
 しかし、頂点に立つのは坂御門一族ではありません。
 日本の術者の頂点に立つのは天皇家です。
 天皇家は、「桜花」と呼ばれる退魔組織を持ち、日本の闇の世界が乱れないよう尽力を注いでいます。
 現在の長は、その存在を隠された現天皇次女「土屋美春」です。
 
  
神と魔族と異界 宇宙人 超古代文明
  神や魔族と呼ばれる存在はあるが、現世にとどまるには様々な制約があるようです。
 とはいえ、主神クラスでは、人類では基本的に太刀打ちできません。
 といっても、円卓の騎士なら勝つ可能性はあるのですが……
 
【異界】
 魔界や天界などの異世界を差します。
 異世界といっても、地球と様々な霊的なリンクがされており、密接な関係にあるため、地球が滅ぶとき、連鎖的に異界も同様に滅びるといわれています。


 宇宙人もこの世界では存在します。
 ただし、あまりにも距離が放たれているせいか、あまり地球に来ることはあまりありません。
 また、高度の知的文明をもった宇宙人同士の規約では、地球は侵攻不可となっているようです。
 また、地球が魔獣によって滅ぶと、宇宙全域が滅ぶといわれており、一定水準以上の知性や力を持つ宇宙人はそのことを知っているようです。

 有史以前に超古代文明が存在したといわれています。。
 ときおり、オーパーツとして、その時代の魔剣などが現れており、魔法文明であったと推測されるが、詳しいことはわかっていない。
 ただ、超古代文明の前世を持つものでも、その終焉の時期、理由などははっきりと覚えていないようです。
    【戻る】
2.魔術と超科学
千差万別な魔術理論と超科学 不完全な魔術  魔術用語
 魔獣戦線の世界には、魔術は存在しますが、その原理、効果、制限などは取得した魔術、個人の資質によって大きく異なります。
 「絵を描く」と言っても、色鉛筆で描くのか、筆で描くのか、はたまたCGなのか、いろいろな描き方があるように、魔術はさまざまな種類があります。

これはハイテクノロジーや、オーバーテクノロジーにも言えることです。それらは一般人では理解できない法則に基づいて稼働しており、その元となる理論も千差万別です。 


 魔獣戦線の世界は、予知や不老不死の秘術の研究もされており、完成度の高い術を持ち、不死の王を名乗る吸血鬼もいます。
 しかし、残念ながら、この世界に完全な魔術はありません。
 どれだけ強力な術であったも、より強力な術によって打ち砕かれてしまうのです。

 
 
 魔獣戦線は、スタンダードな世界設定ですが、それでも魔獣戦線でしか通用しない用語がありますので、一般的な魔術に関する用語について説明します。


【装備に関する用語】
魔剣
・魔力のある武器の総称、別に剣でなくても、この世界では「魔剣」である。

霊的物質
・物質を創り出す能力

【魔術に関する用語】
気操術
・<気>を操る術、その用途はさまざまである。

現象使い
・自然現象を操る魔術の総称
  

【魔力等に関する用語】
<気>
・生命エネルギーのこと

術力
・異能力者のつかう術の力の総称

呪力
・印や呪文を唱えて使用する術の力を指す。

魔力
・ 闇の者、または術のかけらた器物のもつ力の総称
[申請中]
[許可済]
超科学
 魔術に似たもので、現代科学を超えた超科学の存在があります。
 大きく分けて、オーバーテクノロジー(あるいはオーパーツ)とハイテクノロジーがあります。

【オーバーテクノロジー】
・超古代文明が有していた現代科学では解明できない科学技術。
・超古代文明が作成し現存する武器や道具類を「オーパーツ」と呼ぶ。

【ハイテクノロジー】
・超科学、まだ表の世界には登場していない機動兵器など、秘密裏に開発された技術により創られたもの 


 オーパーツや、オーバーテクノロジーは、先進国や大手企業、そして一部の狂気の科学者たちによって、研究開発されています。
 また、ハイテクノロジーにあっても、表の世界の住人が知らない闇の世界で、研究・開発・事件が行われてます。
 
 しかし、現状においてはこれらの技術で製作された装備は、
 
  コストが非常に掛かる
  能力作動が不安定である
  多分に使用者を選ぶ
  同じものが2度と作れないような偶然に頼る、もしくは非効率である
  情報をライバルに知られると危険
  下手に流通すると、世界間の様々なバランスが崩れる
 
などなどの理由で、魔獣戦線の世界の中では流通することは絶対にありません。
 
    【戻る】

3.魔獣〜世界で最強で最凶、最狂、の存在 〜
 
 
[許可済]
      
魔獣 〜世界を滅ぼすもの〜 
  魔獣は、この世界とはまったく異なる世界からやってきたと伝えられし、666体の存在です。
 魔獣の共通点として、

 ・邪気を放つ
 ・強力な異能“邪力”を持つ

がありますが、その思考、形態、能力は千差万別であり、千年前に封印された時と異なる姿を持つ魔獣も多数いるようです。
 
 魔獣は千年ほど前に1度666体全てを封印されていたのですが、1998年に封印を破り復活しました。
 
 ただし、現在も日本を覆う大結界の力により、その力の大半を封じられ、行動範囲も日本に限定されています。

 しかし、力を封じられた現状においても、魔獣は、最強で最狂で最凶の存在であり、魔獣と戦い勝利する可能性があるのは、円卓の騎士だけなのです。

 魔獣には上下関係があり、頂点の魔獣王が最上位におり、13の魔獣王が配下の魔獣を指揮しています。

頂点に立つ魔獣王 
 文字どおり666の魔獣の最上位の存在であり、魔獣王の上に立つ存在です。
 あらゆる魔獣の力を使い、存在するだけで大地が腐食され、空気が濁り、海が汚されるといわれていますが、詳しい文献は残されておりません。

魔獣王
 13体いる上位の魔獣、その力もさる事ながら、配下に魔獣を持ち自在にあやつることができると伝えられています。
 それぞれに「創世」「殺戮」「策謀」「歪み」などの名が与えられていると言われています。て大きく異なります。
魔獣の女王と災厄のアルカナ 
 魔獣王の中でも、中心となり魔獣を産み出し、あるいは復活させているのは、魔獣の女王と呼ばれる黒髪美女の姿をした魔獣王です。
 彼女は、自ら、”災厄のアルカナ”と呼ばれる騎士と互角の力を持つ能力者を産み出し、魔獣を復活させています。
 彼らは女王が造り出した存在で、いずれ魔獣となる運命を持っています。
邪気  邪力 魔玉
 魔獣の体や、その能力の行使の際、放たれる異質の気。
 魔獣が子の世界とは全く異なる異世界の存在である証でもあります。
 特に感覚の鋭くない人間でも、注意していれば邪気を感じることができるほど異質な気であり、魔獣がその力を振るうと残り香のように邪気が残ることもあります。
 
【邪気の浸食】
 邪気は、異世界の<気>です。
 そのため、邪気を長時間浴びた物質は、邪気により変質するといわれています。
 これは、この世界の物質が、魔獣のいた世界の物質に変わってしまう事を意味し、そのまま放置すれば世界が浸食されることを意味します。
 つまり、魔獣はただ、そこに存在するだけで世界を滅ぼす存在なのです。

 魔獣がもつ能力の総称であり、その能力はさまざまです。
 大結界の力により、その力の大半は封じられているはずですが、その力は脅威的です。
 強力な邪力には、かならず弱点が存在し、その弱点を突くことが魔獣戦における勝利の鍵となります。

【弱点】
 正式名称「この世ならざるものが、顕現するさい生じる矛盾点、その凝縮したる弱きところ」
 ただし、正式名称はまず使われず、普通は「弱点」と読んでいます。
 魔獣は、その存在そのものが、世界に対する矛盾する存在であり、強力な邪力を振るうほど矛盾が大きくなっていきます。
 その矛盾のため、強力な邪力の発動には条件があり、その条件を満たさないようにすれば邪力そのものが使えなくなるのです。

 魔獣が滅んだ後に残る卵大の黒い石のようなもの。
 一種の封印状態、もしくは魔獣の骸と考えられています。
 魔獣を滅ぼしたあと、この魔玉を回収され、本部にて封印することになります。
 魔玉を解析すれば、魔獣のすべてがわかるともいわれているが、 たとえ騎士であってもこれを持ち出し、研究しようとする場合、抹殺指令が出ます。 
大結界 [申請中]
 大結界とは、幾重にもはりめぐらされた魔獣に対する封印の一つであり、最後の封印です。
 全国に配置した9本の結界柱により形成されています。
 その最大の結界柱は、円卓の騎士本部の4人の女性が管理しています。
 大結界の効果は次のとおりです。


効果  説明
 邪力激減    邪力の能力を激減させる。
 現在の魔獣の能力が激減した状況である。
 
【補足1】
 騎士クラスが4人以上で本気で魔獣と戦うと、この効果を失う
 
【補足2】
 複数の魔獣が近距離で邪力を使うことができない
 行動限定    魔獣の行動、邪力の効果は日本国内しか効力を及ぼさない
 記憶操作    魔獣が滅んだあと、その魔獣に関することを思い出せなくなる。
 記憶の齟齬にも気づかない

【補足】
 一定以上の力を持つ能力者、魔獣に深く関係しているものは、効果がなかったり、記憶が半減する場合もある
魔獣大戦と京都の封印 [申請中]
 通常、千年前の魔獣との戦いを「魔獣大戦」と呼ばれています。
 それ以前にも魔獣は何度も姿を見せていましたが、この時は666匹の魔獣がすべて世界に現れ、世界各地で世界を滅ぼそうと活動していました。
 最初は、世界の術者たちは個別で戦っていたため魔獣に勝つことはできない状況でしたが、魔術師マーリンの尽力により共同戦線をつくりあげ、連携して魔獣を追い詰めていきました。

 最後の決戦の地は日本でした。

 残る魔獣は、頂点に立つ魔獣、そして2匹の魔獣王といわれていますが、その場にいた術者たちは魔獣と相打ちになったため、詳しくは知られておりません。
 ただ、結界が作動したため、残りの3匹の魔獣が間違いなく封印されたことだけは判明しています。 

【京都の封印】
 京都全体を利用したといわれる封印です。
 魔獣の大半はここに封印されていました。
 封印が破れたときに備え、一定の水準以上の能力者に魔獣の復活を知らせる仕掛けもほどこされています。
 封印を創り出したのは、マーリンといわれています。
 
     【戻る】
4.円卓の騎士〜最強の能力者たち〜
     円卓の騎士 
 魔獣討伐援助機関”円卓の騎士”に所属する能力者、それが円卓の騎士です。
 円卓の騎士に所属するには、
  
  1.世界最強クラスの能力者
  2.魔獣を倒す意思のあるもの

であることが必須であり、円卓の騎士に所属することは世界最強クラスの能力者である証となります。
 また、逆に言えば、魔獣世界最強クラスの能力者ならば、極悪非道の犯罪者であっても、多くの人を堕落させた悪魔であっても円卓の騎士になれます。
 円卓の騎士は、世界平和を護るための正義の集団ではありませんので。
 
位階と聖騎士
 円卓の騎士になった場合、便宜上、その得意とする能力によって、タロットカードの大アルカナ22種類によって分類されます。
 これを位階と呼びます。


 また、位階とは別に、魔獣との戦いに貢献のあったものには、聖騎士に選ばれ、字名を与えられます。
 聖騎士になっても特別な権限が与えられるわけではありませんが、能力だけではなく、その実力も最強の存在である証明にはなります。
 さらに、聖騎士の中でも、あらゆる方面で貢献のあったものは、
円卓の聖騎士に選ばれます。

円卓の騎士の実力と知名度  
【実力】
 円卓の騎士は、自分の得意とする分野で本気を出せば神すらも倒すことが可能な存在です。
 普通の能力者から見れば、その存在自体が核ミサイルみたいなものであり、挑むこと自体がそもそも無謀なのです。
 人外魔境な闇の世界においても、バケモノと称される規格外の最強の能力者たち、それが円卓の騎士です。
 
【知名度】
 円卓の騎士の知名度はそれほど高くありません。
 闇の世界であったとしても、世界の危機を知っているような歴史や権力を持つ組織しか、円卓の騎士の存在を知らないでしょう。
 とはいえ、円卓の騎士が結成されてから10年以上もたっているため、闇の世界の都市伝説化しています。
 
 曰く、
彼らが本気を出せば死は免れない、天下無双、百鬼夜行のバケモノたち

と、そして、その伝説はまさしく事実なのです。

 
円卓の騎士の権限と禁止事項 支給品 
 円卓の騎士になると、魔獣討伐の際、さまざまな権限を与えられます。
 また、報酬や各種サービスを受けることができますが、禁止事項もあります。

魔獣討伐時の権限 
 警察の支援  警察内部の情報の閲覧、および協力要請を行う事ができます。
 騎士本部からの支援    円卓の騎士本部からの情報提供
 連絡所の使用
 現場員のサポート等
 超法規的措置  魔獣を倒すためならば、あらゆる法律を違反できる超法規行動、必要ならば、すべての犯罪行為が認められます。
 魔獣と戦う権利  原則として魔獣と戦う権利は円卓の騎士しかありません
 必要経費・治療費   必要経費および、治療費は全額負担してくれます。
   
報酬・サービス 
 報酬   魔獣を倒した場合、200万円の報酬金がでます。 
 死亡保険  魔獣との戦いで死亡した場合、遺族に1000万円が支払われます。
 飲食・交流  交流場所として円卓の騎士専用のBARマーリンンを用意しています。
 飲食費用は無料です。
 仕事紹介・訓練  退魔の訓練を兼ねて、退魔士派遣業“トリスタン”として、退魔士の仕事の紹介をしています。
 住居  住む場所のない人のために、キャメロットという寮を用意してあります。
   
禁止事項 
魔獣に組する行為  魔獣に加担したものは抹殺対象となります。
魔玉の解析  魔獣が滅んだあと残る魔玉は解析してはいけません
 解析を行った場合、抹殺対象になる場合もあります。
 
 円卓の騎士専用のスマートフォン
 通常のスマートフォン同様の性能の他に、魔獣討伐用に次のアプリ機能を持っています。
 
【イゾルデ】
 騎士同士の連絡を取り合うための掲示板です。

【DBデータベース】
 円卓の騎士本部で閲覧可能なデータを確認することができます。
 
【エンブレム】
 タロットを模した身分証明書を表示します。
 騎士の事を知っているものにみせれば、自分が騎士である証となります。
 
【ハンティング・システム】
 依頼を受けると送られてくる魔獣や退魔対象に関する情報一式
 魔獣の情報の他、連絡所、現場員の居場所も知らせてくれ、ます。
 また、魔獣討伐、またはトリスタンで行動を共にする騎士の電話番号とメアドが表示されます。
 さらに、相手側が了承すれば、相手の現在地も知らせてくれる。
 
その他の支給品 
 キャッシュカード (必要経費以外は後で徴収される) 
 身代わり人形 (自分の分身となる人形、魔獣退治の間、かわりに仕事などをやってくれる ) 

  円卓の騎士本部 
 円卓の騎士は、1999年に結成された魔獣討伐援助機関です。
 参加する能力者も【円卓の騎士】と呼ばれる事が多いことから、円卓の騎士本部と称する事が多いようです。

 魔獣に対する情報収集、調査、円卓の騎士へのサポートも行いつつ、騎士になりそうな能力者のスカウトも行っています。
 
 本部は、国会議事堂地下の一室が事務所になっていますが、別に日本国政府が管轄しているわけではありません。
 日本国政府から場所を提供してもらっているだけなのです。
 本部に入るには、国家議事堂内か、または外部から通じる隠し扉から入る方法があります。
 
  [許可済] BARマーリン 
 BARマーリンは、円卓の騎士専用のBARです。
 ショットバーですが、料理も豊富で、飲食費は無料のため、お金のない騎士もよく来るそうです。
 本来、あまり接点のない円卓の騎士たちの交流の場となっています。


[申請中] 退魔士派遣業者”トリスタン” 
 トリスタンは、表面上はネットのみで活動する退魔士派遣業者ですが、その実態は、騎士たちの戦闘訓練(主にチームプレー)のため、円卓の騎士本部が運営管理している組織です。
、騎士の能力の訓練のために利用しており、強力な退魔対象を厳選し、騎士にあっせんしています。
 騎士達は、普通の退魔士として依頼を果たすことになりますので、アルバイトとして参加している騎士も少なからずいるようです。


   【戻る】

 このページは、魔獣戦線〜Knights of Round Table〜のコンテンツです。
 フレーム表示されない場合は、こちらをクリックしてください。


※このページに掲載されたpixivのイラストは、シェア機能を利用しています。原則、pixivにあった既存のものであり、魔獣戦線用に作成されたものでありませんが、非商用での利用許諾、あるいは許諾申請中のものを掲載しています。

inserted by FC2 system